お母さんのお年にサプライズボックスを

お母さんの年令に何を作ろうか耐える方、「サプライズボックス」を作ってみるのはいかがですか。「サプライズボックス」は難しそうで大変そうで時間も加わりそうと不安に思われがちですが、実は1つ1つの仕掛けは簡単に焼けるものが多いです。お年令プレゼントに、「サプライズボックス」の土台の作り方をご紹介します。

まずは必要な材料だ。
「画用紙」「リボン」「マスキングテープ」「飾り付けに使いたい小物」「ハサミ」「カッター」「のり」「両面テープ」「定規」が主な材料だ。どれも100円ショップで整うので簡単ですよね。その他に、サプライズボックスに使いたい「写真」や「メッセージ」、「イラスト」なども用意しましょう。

まずは土台を作りましょう。
ボックスの土台には3枚の色画用紙を使います。一番下の画用紙は、8cm×8cmの正方形を9つつなげた24cm×24cmの正方形に行う。四隅はハート形になるようにハサミで切り抜きましょう。ハート形になった四隅は山折りとして、ほかの正方形になっている面は谷折りに行う。2番目の画用紙は7.8cm×7.8cmの正方形を5つで十字型に成型行う。同様に、3番目の画用紙は7.6cm×7.6cmで作ります。最後に真ん中の正方形の面で3枚の画用紙をのり付けすれば土台の完成だ。無論土台のサイズはお好みなので、上記の寸法は参考程度に使ってください。
次はふたを作りましょう。
本体と合わなくては困るので、先ほどの土台に合わせた寸法でご紹介します。16cm×16cmの正方形に切った色画用紙を用意します。それぞれの辺に、3.5cm、9cm、3.5cmというように印をつけ線を引いておきます。四つ角に3.5cmの正方形ができます。その正方形の2本の辺のうちどちらか一方に切り込みを入れます。そして内側に折り込んでのりで張り、ふたの形が完成だ。

完成した土台に塗り付ける仕掛けには、「うずまきハート」「観覧車」「ポスト」「はたらく写真」「現れる写真」などがあります。
思い思いの仕掛けを作って付けてみましょう。お母さんの年令に、お祝いと感謝の気持ちを「サプライズボックス」にのせて話しましょう。http://beste-online-videoslots.nl/