乾燥肌から卒業!生コラーゲンでラメラを考える『ラメラエッセンスC』�@

生コラーゲンでラメラをケアして行くエッセンス

セルベストコスメティックの『フェース 生コラーゲン ラメラエッセンスC』というコスメティックをご存知ですか?
楽天のスキンケア部門や美容・コスメティック・香水部門、そして美容液部門と、コスメアワードも多くの部門で1位を獲得した事のある、人気のラメラ構造を整えてもらえるコスメティックだ。
エステ専用のコスメティックメーカーと、東京理科大学発ベンチャーが、共同で開発したという美容液となります。

こちらの特徴は、何といっても生のコラーゲンを配合やるについて。
何が良いのかというと、その保水力だ。

肌にがんらい存在しているコラーゲンというのは、生コラーゲンだ。
これは、たんぱく質のロープが3本ねじり合って存在する成分なので、よく『3重らせん構造』とも呼ばれていらっしゃる。

3重にたんぱく質が重なっているは、解りやすくいえば、紐が3本ねじり合っているについて。
これは、1本のみの紐と水分の浸透具合を比較した場合を考えて頂けると理解しやすいのですが、3本の方が一段と水分を吸収します。

1本の紐の状態というのが、一般的なコスメティックに手広く採用されている『加水分解コラーゲン』。
生コラーゲンは、元々水分を数多く抱え込めるという利点があるのですが、分子量が幅広いという難点があり、このままでは肌の奥深くへと浸透して行く事が出来ません。
ですので、水に溶けやすいように、低く分解した加水分解コラーゲンを取り入れていらっしゃるコスメティックが多いのです。

ちなみに、コラーゲンは3つに分類する事ができます。

1.加水分解コラーゲン
ゼラチンコラーゲンを酵素等として更に小さく、細く分解したもの。水に溶け易いという特徴がある。
平均分子量は、3,000。

2.ゼラチンコラーゲン
加熱による処理を施しで、3重らせん構造をほどき、1本ずつになっている状態。生コラーゲンとは違い、温度管理をする不要という特徴がある。
平均分子量は、100,000。

3.生コラーゲン
肌に元々存在しているコラーゲンと同じ、3重らせん構造をもつもの。保水力は一番あるが、分子量がすごく、熱にしょうもないという性質がある為、温度管理が必要という難点がある。
使用する場合には、冷蔵保存が不可欠なコスメティックとなる。
平均分子量は、300,000。www.v-landfestival.nl